スタッフブログ

ギフトボックス、化粧箱、洋菓子・和菓子の箱、飲料、花、雑貨の箱など何でもご相談ください。

遅ればせながら、、ご報告。


本当に本当に遅ればせながら、で申し訳ございません!!

今月9日~13日まで開催致しました「カミカイギ」のご報告を、
簡単ではございますが、させて頂きます。
といっても、この報告書は、共同開催して下さった
「版くらぶ」メンバー「ぱらぼら舎のたなかみのるさん」が
作って下さったものです。
素敵な報告書です。

期間中は、本当に多くの方々にご来場頂き、
(なんと、約350人!!)
「版くらぶ」の方々とも、「幸せだねぇ」
「やってよかったねぇ」と、毎日
感動と興奮を味わっておりました。

改めて、皆様に、心から感謝申し上げます。
ありがとうございました!!

私たちにとってこの5日間は、アっという間で、
本当に夢のような日々でした。
紙の魅力を知って頂きたい!紙でこんなことができるんだよ、って
もっと発信していきたい!!
そんなオモイだけで始めた「カミカイギ」でしたが、
そのオモイに賛同、協力、共感頂いた皆様のお陰で、
この日々を頂けたのだと、感謝以外何もありません。

でも、なのに、人間って欲深いものですねぇ、。
第一回カミカイギを受けて、反省すべき点もいっぱい生まれ、
また、次にやってみたい!という新たな企画も生まれ、、、、。

第二回の開催を切望しておるところです!

そんな嬉しいご報告ができるよう、
本日も、皆様に愛される箱作りに努めます!


イベント「カミカイギ」開催します!


このたび、ジェイ・パックのオリジナルブランド
「8=paperworks」と、版クラブ主催にて、
紙のイベント「カミカイギ」を開催することとなりました!

期間は、6/9~6/13の5日間。
場所は、大分銀行宗麟館2F「ソーリンスクエア」にて。
11日と12日の週末は、
ワークショップ「オリジナルクラッチファイルを作ってみよう!」と、
高山活版室さんによる、手動活版を用いての「オリジナル便箋を作ってみよう!」も開催。
職人さんになったつもりで、紙のモノづくりが体験できます!
参加人数に限りがありますので、お申込みはお早めに!!

申込先:097-586-3730(ジェイ・パック小野)まで。
※ご質問やご不明な点なども、お気軽にお問い合わせ下さい!「


スタッフ募集中

この度、ジェイ・パックでは、製造スタッフと事務職スタッフを募集します!
募集内容は、以下の通りです。
製造スタッフ
①正社員
時間:8:30~17:30
②パート
時間:9:00~17:00

営業事務スタッフ
①正社員
時間:8:30~17:30

待遇などの詳細については、お電話にてお問い合わせ下さい。


ジェイ・パックの健さん。


8ヶ月の育児休暇からカムバックしてきた、工藤麻衣さん。
彼女、出産する前日まで働いていました。
それも、製造1班。
製造1班とは、泣く子も黙る、がっつり重機扱います的職場。
マッチョじゃないものは、去れ、といわんばかりのガテン系職場。
なのに、いるのは女子ばかり・・・。
そんな1班をひっぱる、リーダー的人、それが工藤麻衣。
そんなスゴイ人が帰ってきたから、なんだか雰囲気が違う!
現場の雰囲気が、なんだか違うのです!!
みんなに、こんなに求めれているんだなぁ、、、と
改めて頼もしく感じます。

当の本人は、「スイッチの場所とか、もう忘れた~」
と言いながら、重量級の機械トムソンをじゃんじゃん動かしていますが。。。

彼女が、みんなに求められるのは、麻衣ちゃんが本当にすごい人だから。
入社以来、彼女が仕事の弱音を吐いているの、聞いたことがありません。
それは上司だけでなく、同僚にも。
そんな人、なかなかいません。
ここでも本人は、「何にも考えてないだけで!」とか言ってますが。

仕事みてればわかります!

みんなが、「大変」とか「きつい」とか「汚れる」って言う仕事を、
愚痴も、弱音も、全然はかずに平然とする。
同じ女性として、本当に、すごいと思います。
こんなに仕事にまじめで、責任感が強くて、
律儀で、無口で、不器用で・・・。
私、つい、「健さん」と呼んでしまいそうになります。

27年度ももうすぐおしまいです。
28年度のスタートに、彼女がいてくれることの心強さを感じて、
ますます皆様に愛されるモノづくりに、努めて参ります!!


ハタキとトントン




通称「ハタキとトントン」。といっても、正式名称は不明。
それは、フロッキー(植毛)作業場での、加工工程2段階目の作業のこと。
作業内容は至ってシンプル。
ハタキ担当者が前で、検品と余分なパイルをブラシではたく機械通しを行い、
トントン担当者が後ろで、機械から出てきた紙を束ね、上下に動く機械に入れて、
これまた余分なパイルを根こそぎはらい落としていく。
その作業を延々繰り返す、それが「ハタキとトントン」。
簡単なようにみえて、結構な重労働。
この作業の何がすごいのか!
それは、新人従業員さんに、この作業を担当させると、
99%辞めていくという、ドキドキ感がはんぱないということ。
ただし、ベテラン従業員さんたちからは、根強い人気がある作業。
ということは、ジェイ・パックで長く働けるかどうか、この作業で決まる・・・。
「ハタキとトントン」恐るべし!
挑戦したい方、いつでもどうぞ!!